リースバックで競売を回避したO様(福岡県久留米市)

住宅ローンを滞納してしまい自宅が競売に → リースバックで競売を回避


福岡県久留米市の戸建て住宅にお住まいであったO様は、定年退職後に体調を崩してしまい嘱託での仕事を続けられなくなってしまいました。

定年後も嘱託として働くことでローンの返済を続けるつもりだったそうですが、予定していた収入がなくなったうえに医療費がかさみ、住宅ローンの返済が困難になってしまったそうです。

その結果、生活費も足りなくなりカードローンなどの借金に頼って生活と返済を続けてきましたが、ついには返済が滞るようになってしまいました。

そして、住宅ローンの残りが600万円と残りわずかにもかかわらず、ついには自宅が競売にかけられてしまいました。

焦ったO様は、せっかくここまでローンを支払ってきたのでどうしても家を守りたいという一心で当社にご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

当社にご相談いただいた時点ですでに競売が進行しており、時間との勝負でした。

査定の結果、物件の評価額は900万円で売却すれば住宅ローンをすべて完済できる状況であったことと、今の自宅に住み続けたいというO様のご意向が強かったことから、何とかリースバックの契約でまとまるよう手続きを進めました。

早速、住宅ローンの債権者との調整を進めながら、同時にリースバックで購入をしてくれる投資家を募集しました。幸いにも比較的早く地元の投資家と合意に至り、自宅を売却して住宅ローンをすべて完済し、競売を止めることができました。

そして、リースバック契約で投資家から自宅を賃貸として借りることで、O様は自宅を手放さずに住み続けることに成功しました。賃料も月6万円で、何とかO様が支払っていける賃料でまとめることができました。

 

※リースバックとは、自宅を投資家や不動産会社へ売却し、そこを買い手から賃貸として借りることで売った後もそのまま住み続けるという方法です。(リースバックについて詳しくはこちら>>)

 

感想

転職を何度かしたせいで、予定していた退職金が入らず、老後まで住宅ローンが残ってしまいました。

それでも嘱託社員として定年後も仕事をしていけば十分に返せるだろうと思っていたのですが、体調を崩してしまい仕事を続けることができなくなってしまいました。

医療費もかさみ、年金だけではとても生活できませんでした。カードローンなどにも頼りましたが、借金が増える一方ですぐに限界が来てしまい、住宅ローンを滞納してしまいました。

ついには家が競売にかけられて、もうダメかと思いましたが、娘がネットで調べてリースバックという方法があることを教えてくれてライフソレイユさんに相談しました。

まさかこんな方法があるなんて思わなかったのですが、無事に競売が止まって家に住み続けられて本当に良かったです。あのまま競売になっていたら今頃はホームレスでした。本当にありがとうございました。

 

解説

リースバックとは、自宅の売買契約と賃貸契約を同時に締結し、自宅を売った後も賃貸としてそこに住み続けるという方法です。自宅を一度売却するため、売却代金を一括で受け取れてローンの返済に充てることができます。

特にローンの残債が少ない場合などは有効で、今回のO様の場合はローンの残高が1000万円を切っていたことと、土地がそれなりの価格の地域であったことが幸いしました。

必ずしもリースバックが成立するわけではなく様々な条件がありますが、住宅ローンの返済が苦しくなってしまっている方や、競売にかけられてしまいそうな方は諦めずにまずはご相談いただければと思います。